ゲーム

仮面ライダーギルスと仮面ライダーゾルダを本人が演じるゲームが近日発売!!

更新日:

Twitterに仮面ライダーゾルダを演じられた小田井涼平(当時涼平)さんが仮面ライダーゾルダのアフレコをしたと発表されました。

しかも、同じく純烈と活動している友井雄亮さんもアフレコに望みこちらも『仮面ライダーアギト』にて演じられたギルス役のアフレコをしたそうです。

スタジオを見るにいつもバンダイというかエイティングのライアーゲームで使用しているスタジオです。
ただ、音声はバンダイから依頼して収録しているみたいなのでバトライドみたいなエイティングの系譜作品かどうかは判定しづらい状況です。

最近ゲームのアフレコといえば、力が入っているのは『仮面ライダーストームヒーローズ』ですが、「発売が楽しみ」と知っているので既存のスマホゲームではなく新作でしょうか。

ライダーレボリューション?

気になる作品としては、先日「ライダーレボリューション」なるタイトルのものが商標登録されました。

ギルスやゾルダといえば3号ライダーポジションであり、いきなり新作で出すのは難しい気がしますがこれが『ライダージェネレーション』のようなドッドゲームなら可能性があると思います。

たた、この作品は業務用ビデオゲームの表記からアーケード作品とも言われています。

最後に

果たして一体このアフレコ作品はなんだったのか?

個人的には『ストームヒーローズ』を間違えて発売と書いてしまっているような気がします。

もし、なにか新作が出るなら『バトライド・ウォー創生』の猛将伝的なものを売って欲しいものです。

追記

収録日時から逆算して

少し興奮した頭を冷やして、冷静に考えなおしてみました。

ライダーゲームの過去の収録からゲーム発売までを思い出してみました。

『超クライマックスヒーローズ』は8月頃に収録して12月頭で発売。

『バトライド・ウォー創世』は9月に収録して2月末に発売。

これらのことから音声はゲーム発売の3~5ヶ月前に収録しているみたいです。

今から3~5ヶ月後は9~11月となります。

この時期は、ライダーの切り替わる時期でゲームの発売が限りなく低い時期だと思います。

ということはやはり『ストームヒーローズ』の収録の可能性が非常に高いのではないでしょうか。

発表時期

『ストームヒーローズ』ではコヨミが収録後1ヶ月後に登場しています。

『超クライマックスヒーローズ』や『バトライド・ウォー創世』は時期的には収録の1ヶ月後くらいにゲームの制作発表が行われています。

つまり『ストヒ』にしろ、他ゲームにしろたぶん1ヶ月後には何のゲームかわかる状態になっていると思います。

-ゲーム
-, ,

Copyright© 仮面ライダー熱烈時代 , 2017 All Rights Reserved.