仮面ライダー1号 映画

『仮面ライダー1号』感想

投稿日:

長らく『バトライド・ウォー創生』の世界に旅立っていた自分ですが、1号に呼び戻されてまた、更新を再開したいと思います。
本日公開された『仮面ライダー1号』を早速見てきましたのレビューを公開です。

感想

大雑把な一言感想ですが、「とてもおもしろかった」この一言につきます。

今回は『仮面ライダー1号』のタイトル通りに1号を軸にストーリーが構成されています。そのため、現役の『ゴースト』を動かす比重が少なく、構成がしっかりしていたように感じられました。

作品の完成度として近いのは同じ本編終了後の作品となる『MOVIE大戦MEGA MAX』のオーズパートです。

スポンサーリンク

仮面ライダー1号

今回の作品を語る上で欠かせない仮面ライダー1号ですが、自分は情報が公開された当初あの姿はあまり肯定的ではありませんでした。どちらかというと、「なぜあんな姿に・・・」と否定的でした。

しかし、情報が公開されるにつれ設定っぽいものも紹介されて納得し始めました。
(科学者である本郷猛が傷ついた身体を自己メンテすることでごつくなったetc)

そして、実際に動いている姿を今日見てきたわけですが、動きが本郷猛と見事にシンクロして素晴らしかったと思います。

藤岡さん自信もインタビューで答えていますが、今までの新1号は現在の本郷猛の体型からしたらスリムになりすぎて違和感があります。

その点、今回のネオ1号(仮名)は体型が一致しており、また生身の重厚なアクションとも一致しておりシンクロ度がホントにすごかったと思います。

しかし、そんな重厚感ある姿だった故に「ライダーパンチ」「ライダーキック」以外の必殺技はなく、『技の1号』の成分が薄かったのは少しさびしかった点です。

本郷猛

本郷猛としてはどうだったのか?と言われると、多少感想に困る部分もあります。

というのも、本作での本郷猛は藤岡弘、の素が大きく影響しているように感じられたからです。しかし、藤岡さんが演じている以上これは間違いなく本郷猛であり、仮面ライダー1号です。なので、真摯にこの本郷猛を受け止めたいと思います。

実際今作で疑問に思った点としては、タケルたちに「一緒に戦ってくれ」と言われて、「麻由との時間を大切にしたい」と断る場面と最後の地獄大使との戦いを拒む場面です。

しかし、前者は自分の最期の仕事として「麻由を守ること」を決意して帰ってきた本郷が、身体の限界を超えて戦うのはそれも違う気がします。

ただ、マコトもこのときの本郷に対して「腑抜け」と発言していますが、本郷猛なら「未来を生きるお前たちで世界を守るんだ」のような激励を入れる立場の方が自然だったのではと思います。

次に地獄大使との決着ですが、これを語る前に本作での地獄大使とショッカーの悪事を振り返ってみます。

何度も戦闘シーンこそ描かれましたが、実際にやっていたのは麻由をさらったことだけです。

危険な目に合わせたとはいえ、すぐに解放されており本郷猛からすれば今作の地獄大使は憎むべき悪ではなかったのかもしれません。

また、最期のシーンでおそらく地獄大使は死んでいます。死にゆく者のさらなる追い打ちかける真似ができなかったのかもしれません。

ただ、武士道を生きる藤岡弘、としても本郷猛としても致命傷のダメージを受けた地獄大使を戦士として葬ってあげたほうが良かったとは思います。

スポンサーリンク

演出

音楽

音楽は昨年のように「レッツゴーライダーキック」が使われることこそありませんでしたが、作品にあった素晴らしい音楽だったと思います。

特に本郷猛の登場・復活・戦闘シーンでの音楽は非常に素晴らしく、サウンドトラックが欲しくなりました。

また先ほど言った「レッツゴーライダーキック」ですが、展開が全体的に重かっただけに子供向けに作られた当曲は、逆に入れる余地がなかったのかもしれません。

回想

本作では何度か本編を思い出させる場面があります。

代表的なのは、予告で流れた立花藤兵衛との写真ですね。自分もあのシーンで感涙してしまいました。

他にも「かつては俺にも多くの仲間がいた」など一文字隼人・風見志郎など歴戦の戦士を思い出させる発言を何回もしていました。
最終的に個人名は1回も登場しませんでしたが、上記の2人くらいは登場させてもよかったのではと思いました。

また、バイクの騎乗姿は放映当時を彷彿させるノーヘルで低く身構えて左右に揺れながら走る独特の走行シーンが描かれるなどオールドファンにも嬉しい演出でした。

日常生活

今回、日本に帰ってきた本郷がお金を稼ぐために土木現場で働く姿が描かれていました。

麻由が本郷を許すキッカケになった大事なシーンではありますが、あまりに悲壮感が漂っており見ていて痛々しかったです。

前前作では、神敬介は医者、村雨良はパイロットと当時の設定から発展させた職業をやっていただけに、レーサー関連や大学教授関連の仕事をやらすことはできなかったのでしょうか。

シーンチェンジ

ネットでは金田ワープと言われており、戦闘中に唐突にシーンが変わる現象ですが本作でも2,3回あり「?」となりました。

使われたのは味方がボロ負けした直後退散するでもなく、急に怪我の手当てをするシーンに代わるというものでした。

一言マコトにでも「一旦退散するぞ」と言わせればいいのに。これに関してはディレクターズカットで追加されないか密かに期待です。

まとめ

良かった点、悪かった点いろいろ書いてきましたが、全体的にはよい作品だったと思います。

特に本郷猛が復活するシーンはとても見応えがあります。

またストーリーとしても怪人側の内部争いが描かれるなど、今までにない斬新さがあり「またこの展開か」といった気分になるこもありません。

多少の違和感を覚えるシーンもあるかもしれませんが、見た後に後悔するような作品ではないのでライダーファンなら行くのがいいと思います。

最期(ED後)には本郷猛からのメッセージもありますので、最後の最後まで席は立たない方いいですよ。

-仮面ライダー1号, 映画
-,

Copyright© 仮面ライダー熱烈時代 , 2017 All Rights Reserved.