スーパーヒーロー大戦GP 映画

仮面ライダー3号を紹介

更新日:

仮面ライダー3号とは

今回は今度映画で『幻の仮面ライダー』と言われている『仮面ライダー3号』について紹介したいと思います。

20150113_001

別冊たのしい幼稚園で登場

仮面ライダー3号が登場したのは『別冊たのしい幼稚園』の1972年10月号になります。以下で登場の経緯を述べますが登場はこの1回のみとなります。

幻と言われているが見ることはできないのか?

この仮面ライダーが有名になったのは現在DeAGOSTINIより発売されている「仮面ライダー オフィシャル パーフェクト ファイル」の前身、「仮面ライダー オフィシャル データ ファイル」で紹介されたことによります。紹介された5年前は、コミック化されておらず見ることは非常に困難で幻の作品でしたが、2013年に下の本に収録されたので今では容易に見ることもできるようになっています。

ストーリー

ストーリーは5ページ10コマと短いこともあり、簡易なものとなっています。
ゴーストショッカーによって作られた仮面ライダー3号は、性能テストとしてゴーストショッカーの怪人カニコウモリと対戦することになります。しかし3号はゴーストショッカーを裏切りカニコウモリをライダーサイクロンキックで倒して「僕はライダー3号として1号、2号と共にお前たちと戦う」と宣言してどこぞへと消えていくというものです。

20150113_002

20150113_003

ゴーストショッカーって?

ゴーストショッカーとはゲルショッカーの初期構想時の名前です。一時はこの名前で決定しかけたそうですが、サイボーグ009のブラックゴーストと被ることから変更になったそうです。
ゴーストショッカーのネーミングが登場していることから、構想が3号登場の構想があったのはかなり初期と伺えます。

なぜTVシリーズには登場しなかったのか

当初の構想の一つには滝一也が仮面ライダー3号になる案もあったと聞きます。これは想像ですが以下の様なことが想像できます。

  • 敵組織と仮面ライダーの両方の変更による視聴者離れ
  • 復帰した藤岡氏の活躍をもっと描きたかった
  • 仮に1号と3号のダブルライダーにした場合二人の特色が薄れる
  • 上記にした場合2号の扱いが悪くなってしまう

そんな議論が(おそらく)もあり、仮面ライダー3号はお蔵入りし、3号のナンバリングは次作の仮面ライダーV3が継承することとなりました。

-スーパーヒーロー大戦GP, 映画
-, ,

Copyright© 仮面ライダー熱烈時代 , 2017 All Rights Reserved.