仮面ライダー4号

【開始】仮面ライダー4号episode3「決斗!!ショッカー首領の正体」配信開始 ストーリー紹介!!

投稿日:

昨日17時より仮面ライダー4号最終話となる第3話「決斗!!ショッカー首領の正体」が配信開始されました。自分は少しこの土日出かけていたので出先での視聴になったのですが、感涙してしまいました。今回は感想はおいておき、あらすじを紹介させていただきます。

[adsense2]

あれから何度

ストーリーの開始はepisode2よりすでに何回もループした世界になっていました。状況はさらに悪化し、予告で登場した王蛇、サソード、ダークキバ、バロンがショッカーライダーとして作られて(復活)いました。

みんなに託して

この状況をさらに悪化させないために、霧子は次にライダーが死ぬような状況になった時は自らが死を選び、時間改変マシーンの発動を止める決心をします。そして、ついにその最悪の自体が起こりついに霧子は・・・

繰り返される4月4日

霧子は自らの命を賭け時間改変マシーンを止めようとしますが、しかし時間のループ止まりませんでした。何かを悟る巧と何かを理解した進之介。最後の4月4日が始まります。

時間改変マシーンの発動条件は

発動条件は霧子の思いではなく巧の思いでした。巧は『555』の本編終了後に灰化して死亡しており、なんらかの時間の歪みにより復活し、その彼の意志により時間の歪みは発生しているのでした。

出した答えは

巧は自らは生きたいと思いながらも、時間改変マシーンを破壊し時空の歪みを正す道を選びます。本来の歴史で巧は死んでおり、それは自らの命消すことと知りながらも・・・。剛の提案により巧の生きた証として、全員で写真をとりそして彼らは最終決戦へ赴きます。

最終決戦

ドライブVS4号、ゼロノス&マッハVS王蛇&サソード&ダークキバ&バロン、そしてファイズVSスネークオルフェノク(海堂)。蘇った友の命を再び消したくない海堂は必死の思いでファイズを止めにかかります。

巧「意味なく死んでいったものはいない」

海堂「ねぇよ。意味なんかねぇ。死んだら悲しいだけじゃねえぇか。だからよ、お前だけでも生きててくれよ。」

2人の意見は交わることなく決戦へ。

4月5日 全てが終わり....

全てが終わり日付は4月5日についになりました。進之介は偶然居合わせた侑斗に最終決戦前にとった写真を渡します。そこには巧の姿はなく、彼のことを覚えているのは海堂だけ。

海堂は空に向かってつぶやいた「さて、この空を守ったのはいったい誰なんでしょうか。なぁ、乾。」と。

感想は後日

見てない方にもぜひ見ていただきたいので一部のストーリーははっしょたりぼかしたりしてます。感想は明日、書きますのでまたよろしくお願いします。

 

-仮面ライダー4号
-, , , , ,

Copyright© 仮面ライダー熱烈時代 , 2017 All Rights Reserved.