ゲーム バトライド・ウォー創生

仮面ライダーバトライド・ウォー【1・2・創生のPVを混ぜてみた】動画公開&解説

投稿日:

あまり、ここで自分の作った動画を紹介したことはないのですが、今回はかなり力を入れて作ってみたので解説を兼ねてこちらで紹介しときます。

[nicodo]sm28729409[/nicodo]

解説

主な構成

シネマの時間改変によって、消滅し始めた仮面ライダー。それをときの列車デンライナーに乗って助けに行く物語です。

なぜシャドームーンではなく、シネマにしたかという理由はシャドームーンの演出が紙芝居ばかりで扱いにくかったのと、オリジナキャラのほうが盛り上がるかなと思ったからです。

W・ディケイド・キバ・電王・龍騎の歴史

上の作品は今回の歴史めぐりの元となった初代バトライドとは違うシーンを使用してます。それぞれの変更理由は以下になります。

W:ウェザー・ドーパントはアクセルの宿敵であり史実ではない為

ディケイド:ライダー大戦こそ始めであり、終わりであり一番盛り上がるのではないかと思い変更

キバ:元々ダキバは音也の予定だったと聞くので、バッドファンガイアにやられながらも親子の力で立ち向かう場面と解釈を変更

電王:助けに行く側なのでカット。その代わりゼロノスが応援に来た場面と後半のムービーでは活躍を

龍騎:ナイトが助けにくるシーンをナイトの登場演出にしようかと考えていたため変更

考えてみればカブトの演出も変更すればよかったかと思います。

昭和ライダーの歴史

昭和ライダーは登場演出がカッコイイものと感じたものは登場演出を使用し、短すぎたり微妙だったものは超必殺技を使用しています。また、ライダーマンとZXは登場演出にするしかなかったので、この2キャラを浮かせない措置でもあります。

2号とスカイライダーは創生の物型を巡るという本来の創生の物語をリスペクトして初期のカラーリングに変更しています。特にスカイライダーのライダーブレイクは初期のイメージが強いのでこちらのほうが合うのではないかと思います。

ライダーマンとZXの登場演出は以前作成したNPC動画を元に作ったため、登場演出のシーンが適当になっています。(深く反省)

1号に関してはこだわった点を参照。

一部キャラの未登場について

味方側ではファングジョーカーとジョーカーが未登場になっています。これはムービーシーンの関係で上手く入れることができませんでした。この2キャラのファンのかたはすみません。

クウガ(ユウスケ)は応援には扱いに困って出しませんでしたが、ディケイドの時間の中で登場しています。

その他、敵キャラは時間の関係でカットしました。本動画の制作過程でとりあえずライダーは全員登場させようと考えたのでライダーの登場メインとなっています。

実際当初はガラやキングダークが登場するⅡのPVのシーンもありましたが、白い魔法使いを入れ忘れていることに気づき登場シーンを差替えました。(この文書を書いている時点でオーディンの登場シーンが漏れていることが発覚)なお、白い魔法使いは利害の一致で味方キャラで登場させようと考えていたのですが、これはBGMのつなぎが悪くなるという理由で悪役としての登場になりました。

カラスとシネマとシャドームーンの扱い

カラスは声がデネブのことから声付きでの登場予定は当初からありませんでした。シネマの傀儡として一瞬登場させようかとは考えていましたが、使えそうな登場演出がなかったことから全カットになってしまいました。

シネマは上記の「オリジナルキャラのほうが盛り上がるかな」という理由でラスボス役になりました。本来のシネマは子供の為に戦うといった自分の正義の為に動くキャラでしたが、今回は短いムービーなので悪に徹しています。物語を語るなら、前作のⅡで成仏できなかった悪の部分の魂が暴走しているといったところです。

シャドームーンは唯一登場演出が無いキャラということもあり、シネマの傀儡の1体としての登場になりました。レイトとレイナがシャドームーンになる解釈ですが、自分の最強の配下をかつての子どもたちの姿に変えて、側に置いておいたというシネマの変態的な愛が理由です。

こだわった点

NEW電王が連れてきたライダーの演出は、全員内部データをいじって「ときの狭間」で登場させることにこだわりました。また登場順も以下のようにこだわっています。

NEW電王~マッハ:純粋に助けに来たキャラです。下記のキャラ以外を先に登場させています。チェイスはフライング登場です。

エターナル(チェイス)~バロン:劇中死したキャラ達の集まりです。そのため最初のエターナルに「死神のパーティータイムだ」と言わせています。スペクターは位置づけが微妙ですがこちらにしています。

バロン~ジョーカー:怪人の姿を持ちながら味方だったキャラです。戒斗に「行くぞ、お前ら」と言わせたかったのですが、セリフの関係上「来い、インベス共」になりました。戒斗から見ればインベスなので間違ってはないのですが、もう少し共闘調のセリフにしかったです。

なおコメントにあった質問の回答としてバロンの演出は、通常バロンの登場演出→究極覚醒→ロードバロン(敵として)登場演出の構成となっています。

また、1号の歴史は最も長い尺を使って旧1号→桜島1号→新1号と歴史追っています。桜島1号は一瞬なので多少わかりにくかったかと思いますが、劇場版で唯一変身ポースをとって変身した再現で本郷を白ベルトにしています。

音声

音声は内部データの抜き出して基本使っています。

歩行音と剣などを構えた音は例外的に、バトライドの音を録音して使っています。

キック音・パンチ音・斬撃音はバトライドから音声抽出方法がわからずクライマックスヒーローズのものとなっています。

セリフはアポロガイストの1部をサモンライドから、W対エターナルの「はぁー」をクライマックスヒーローズ(字幕ははぁーですが音声はたぁーに変更)から使用しています。オリジナルは翔太郎しか叫んでいなかったので、まだこちらのほうがよいかという判断です。

終わりに

今回の作品をご覧になってくださった方、大変ありがとうございました。

今回はBGMの関係で一部をカットしてしまったので、創生のBGMを追加してさらに5分ほど伸ばしたものをいつか投稿したいと思います。NPCプレイ動画も近く更新予定ですのまたよろしくお願いします。

-ゲーム, バトライド・ウォー創生
-, ,

Copyright© 仮面ライダー熱烈時代 , 2017 All Rights Reserved.