ドライブ ネタバレ

【予習】仮面ライダードライブ33話「だれが泊進ノ介の命を奪ったのか」の前に!!

更新日:

 

明後日の放送の前に現在出ている話の情報をまとめです。

予告

 

今回は公式サイトで通常テンションのものも公開されています。おそらくスカパーとかでCMやるときに使用するのですかね。ちなみに、そちらはテンポが早いのでハートの登場シーンがカットされています。

各種サイト・TV誌情報

超進化を遂げたロイミュード001の攻撃によって、ドライブは息の根を止められてしまった……。事態を受け入れきれない特状課の面々。仮面ライダーがいな くなった今、特状課は解散するしかない。一方で、チェイスは剛奪還に動き始める。失意のドン底にある霧子にとって救いがあるとすれば、剛が戻ってくること だからだ。001の超進化に沸くロイミュードたちの真っただ中に単身で飛び込んでいくチェイス。しかし記憶を戻す薬も無効にされてしまい、絶体絶命を迎え る。その時、仮面ライダーマッハに変身した剛が驚くべき行動をとって―――。

東映公式

フリーズロイミュード超進化態に倒されたドライブ。変身を解除した進ノ介は殉職。進ノ介を失った特状課は、本願寺課長の判断で解散となる。

りんなから001の記憶改ざん能力の解毒剤を手に入れたチェイスは、単身ロイミュードのアジトに乗り込み、剛に与えようとするが失敗。フリーズの攻撃に追い詰められる。が、そのとき…!?

テレ朝公式

フリーズロイミュードとの戦いが決着するが、特状課は混乱状態に陥る。

TV誌

チェイスは単身でロイミュードたちのアジトに乗り込む。そこに剛を引き連れたブレンが現れる。

TV誌

 

超進化したフリーズの前に倒れた進ノ介。警察はもちろん世間も混乱する中、リんなからフリーズの針の解毒薬を渡されたチェイスは、剛を取り戻すために再びフリーズに挑む。その時、剛が思わぬ行動に出る。

TV誌

進ノ介とさらなる進化を果たしたフリーズロイミュード・ゴールドの戦いの勝敗がつく。しかし戦いの余波で特状課は混乱状態に陥り、霧子は引きこもってしまう。一方、フリーズの元に単身乗り込んだチェイスは窮地に陥るも、洗脳されていたはずの剛に助けられる。

TV誌

スポンサーリンク

上記をまとめて予想

超進化を遂げたロイミュード001の攻撃によって、ドライブは息の根を止められてしまった……。

事態を受け入れきれない特状課の面々。進ノ介を失った特状課は、本願寺課長の判断で解散となる。

一方で、チェイスは剛奪還に動き始める。失意のドン底にある霧子にとって救いがあるとすれば、剛が戻ってくることだからだ。

http://www.toei.co.jp/tv/drive/story/__icsFiles/afieldfile/2015/05/29/1.jpg

リんなからフリーズの針の解毒薬を渡されたチェイスは、001の超進化に沸くロイミュードたちの真っただ中に単身で飛び込んでいく。

しかし解毒薬も無効にされてしまい、絶体絶命を迎える。その時、仮面ライダーマッハに変身した剛によって助けられる。

そんな中、特状課の仲間達は進ノ介の死を受け入れることができず、トライドロンのエネルギーを使い進ノ介を生き返らせようとする。

20150531_001

そして誕生した仮面ライダータイプトライドロン。今、001との最終決戦の舞台が幕を上げる―――。

http://www.toei.co.jp/tv/drive/story/__icsFiles/afieldfile/2015/05/29/14.jpg

 

[s_ad1]

ここに注目

次回の注目ポイントは

  • 剛の行動
  • タイプトライドロン誕生

東映公式によると

剛が起こす行動が、タイプトライドロンというニュータイプの仮面ライダー誕生に大きく寄与します。

とあります。予告を見るに剛の意識は戻っているようなので剛はやはり、正常なままロイミュード側にいるのではないでしょうか。

また、TV放映時のみの予告で「チェイス」がハートたち幹部の前に立ちはだかるシーンがあります。「ブレン」が「メディック」のいる「ハート」のもとに戻ってますね。いったいどういう心境の変化でしょうか。001がいるのでついっていただけかな?

drive

追記6/2

TV誌によるネタバレが追加され、剛の行動がやはりチェイスを助ける行動だと判明しました。やはり剛は洗脳されていなかったのでしょうか。だとすると「蛮野博士」のことでロイミュードに近づいたのでしょうか。

洗脳されていなかたのは偶然特異体質だったため、洗脳されなかったということでしょうかね。

-ドライブ, ネタバレ
-

Copyright© 仮面ライダー熱烈時代 , 2017 All Rights Reserved.