エグゼイド

仮面ライダーエグゼイドキャラクターブック LEVEL.1レビュー

投稿日:

本日『仮面ライダーエグゼイドキャラクターブック LEVEL.1―SELECT PLAYER』を購入したのでレビューを公開します。

仮面ライダーエグゼイドキャラクターブック LEVEL.1―SELECT PLAYER

まず、中身に関してですが大きく分けて以下の4要素となっています。

  • 個別インタビュー
  • 対談
  • オフショット写真
  • 振返りコーナー

今回はこれらの一部をピックアップしてレビューを紹介します。

なお今回は俳優名ではなく役名で書かせていただきます。

個別インタビュー

まず、こちらのインタビューの時期ですが、4月中旬に行ったらしく撮影はちょうど32話前後の模様です。

そのため、児童誌で公開されている程度の情報ですが一部ネタバレが含まれています。

インタビューは永夢、飛彩、大我、黎斗、貴利矢、ニコ、ポッピー、パラド、グラファイト、正宗の物が掲載されています。

特にに注目だったのは正宗のインタビューです。

まだ登場したばかりとあって、これまでインタビューの機会がなかっただけに内容が全て新鮮です。

32話からの本格参戦に差し当たり、すべての映像を見直したことや変身ポーズを必死に考えたりしたこが語られれています。

また、ミュージシャンということもあって、自身が歌った「Wish is darkness」についても語られいます。

やはり、自分の歌をバックに戦いたいということです。

前回accesの歌う「judge」がかかっていましたが、音量が小さすぎてほとんご聞こえませんでした、

貴水さんも自分の歌を背景に戦いたいと言っているので、どうかもっと目立つ形でかけてあげてほしいものです。

対談・鼎談・会談

対談など複数形式のインタビューは多く以下のパターンが掲載されています。

  • 大我×ニコ
  • 永夢×飛彩×大我×ポッピー
  • 永夢×黎斗×貴利矢
  • 黎斗×パラド×グラファイト
  • 高岩×渡辺×永徳(スーツアクター鼎談)
  • 高橋(脚本)×大森(プロデューサー)
  • 永夢×パラド
  • 飛彩×大我
  • 永夢×飛彩

その中でも注目はやはり脚本の高橋さんと大森プロデューサーの対談です。

作り手の側の意見というのは非常に面白く、こういう意図があったのかと感嘆しました。

こちらの記事は『エグゼイド』ファンなら読んで損はないかと思います。

オフショット写真

本編に関わるものではないので特にどうこう思いませんが、単に写真を掲載しているだけではなく、コメントを入れていたり、掲載用にとったものも多く気合の入れようを感じます。

これは『エグゼイド』ファンとうより、役者のファンには貴重なものだと思います。

ちなみに掲載されているのは永夢、飛彩、大我、黎斗、貴利矢、ニコ、ポッピー、パラド、グラファイトになります。

その他高岩、渡辺、永徳のスーツアクターの写真もなぜかあります。

振返りコーナー

各話のポイントをまとめた資料的なコーナーです。

非常に完成度は高いので、本編終了後に完全版を『超全集』に掲載してほしいくらいです。

総括

価格は2800円と少し高いですが、内容は非常に濃く満足のいく作品でした。

点数を付けるなら95点といったところです。

-5点は天ヶ崎恋/ラブリカのインタビューがなかった点です。

ただし、誰にでもおススメできるかといえば、そういう本でもありません。

文字は小さく、ライダーのスチールもほとんどなしと小学生未入学の子供には絶対向きません。

内容も役者インタビュー7割を占める関係上、演じ方の変化や注目ポイントなどが多くなっており、設定裏話を見たいといった人にもあまり向きません。(多少は載って いますが・・・)

ではどのような人におススメか。

役者のファン、『仮面ライダーエグゼイド』の細かい点まで知りたいディープなファンです。

そのようなファンには自信をもって進められる1冊ですので、もし興味がわけば購入してみてはいかがでしょうか。

-エグゼイド,

Copyright© 仮面ライダー熱烈時代 , 2017 All Rights Reserved.