エグゼイド ネタバレ

【ネタバレ】仮面ライダーエグゼイド 第32話 公式&TV誌情報まとめ

更新日:

5月21日放送の『仮面ライダーエグゼイド』第32話「下されたJudgement」の公式サイト、TV誌の情報まとめです。

脚本:高橋悠也

監督:上堀内佳寿也

予告

各種サイト・TV誌情報

東映公式

エグゼイドたちは「仮面ライダークロニクル」をクリアするために上級バグスターに挑戦する権利を得た。

上級バグスターとはパラドクス、グラファイト、ラヴリカ。それは仮面ライダーたち4人との最終決戦を意味していた。

ついに幕があがる頂上決戦! そこへ不穏な闇が舞い降りて―――。

テレ朝公式

 永夢らによって「仮面ライダークロニクル」の初級、中級のバグスターはすべて攻略された。残るはパラド、グラファイト、そしてラヴリカの上級バグスターのみ。

 永夢、飛彩、大我、そして新黎斗は団結して上級バグスターを攻略、ラスボスを目指すことを誓う。

 そのころ黎斗の父・正宗が釈放され、幻夢コーポレーションに戻ってきた。社長への復帰を宣言した正宗は、恋社長と激しく対立する。正宗は永夢らの力となるのか?その真の狙いとは?

雑誌

ゲーム病で消滅してしまった人々のデータは、感染したウイルスと同じ種類のプロトガシヤツトに保存されていることが判明する。その中には、5年前に消えた加齢の恋人・百瀬小姫のデータも含まれていた。

一方そのころ、幻夢コーポレーションでは、冤罪が晴れて釈放された檀正宗が社長として復帰するが……。

TV誌

消滅した人間を復活させられる可能性があると知った永夢たちは、黎斗にラスボスとその攻略方法を聞く。

タイトル(全角15文字)

初級、中級のバクスターが倒され、「仮面ライダークロニクル」の攻略まであと少し。

そんな時、新たなライトプレーヤーがパラドらに挑む。

永夢らが助けに入ると、その正体は灰馬で、彼はゲーム病を発症していた。

一方、幻夢コーポレーションに出所した正宗が現れる。

上記をまとめて予想

永夢らによって「仮面ライダークロニクル」の初級、中級のバグスターはすべて攻略され、上級バグスターに挑戦する権利を得た。

上級バグスターとはパラドクス、グラファイト、ラヴリカ。それは仮面ライダーたち4人との最終決戦を意味していた。

そんな時、新たなライトプレーヤーがパラドらに挑む。

永夢らが助けに入ると、その正体は灰馬で、彼はゲーム病を発症していた。

上級バグスターを倒してプロトガシャットを取り戻すことで、消滅した人間を復活させられる可能性があると知った永夢たちは、黎斗にラスボスとその攻略方法を聞く。

そのころ黎斗の父・正宗が釈放され、幻夢コーポレーションに戻ってきた。

社長への復帰を宣言した正宗は、恋社長と激しく対立する。 

そして最終決戦の火蓋は降りる――――

パラドクス、グラファイト、ラヴリカと永夢、飛彩、大我、黎斗の対決。

その戦いの最中、急に闇夜になり、現れる謎の仮面ライダークロノス。

果たして「クロノス」は敵なのか味方なのか。

ここに注目

次回は「壇政宗」と「仮面ライダークロノス」に注目です。

現在変身者として予想されているのは壇政宗です。

別記事でまとめますが、壇政宗が「仮面ライダークロノス」なのは間違いないでしょう。

しかし、正宗が「クロノス」だった場合目的はなんなのか。

東映公式では以下のようにクロノスについて書かれていました。

伝説の戦士とも呼ばれるそのライダーの名前はクロノス。彼こそが「仮面ライダークロニクル」を司る存在となり、そして彼こそがルール。

いわば「仮面ライダークロノス」はゲームマスターです。

永夢たちが正宗に会いに行ったときには「黎斗を止めれるか」といい、今回は自らゲームを支配しようとする。

2人には価値観の違いなどがありそうです。

それが理由で、黎斗は「壇政宗を冤罪で追放」したのかもしれません。

今後の展開の鍵を握りそうな壇政宗。

一挙手一投足に注目です。

-エグゼイド, ネタバレ
-, , ,

Copyright© 仮面ライダー熱烈時代 , 2017 All Rights Reserved.