ネタバレ 仮面ライダーゴースト

8/9更新【ネタバレ】仮面ライダーゴースト第44話「起動!デミアの恐怖!」まとめ 8/14放送

投稿日:

予告

https://www.youtube.com/watch?v=aLs3aNVbswk

各種サイト・TV誌情報

大天空寺に訪れた依頼者の息子・ヒロキはデミアのβ版の利用者だったことが判明。イゴールはデミアを利用してこちらの世界を眼魔の世界と同じように肉体と魂を分離させること企んでいた。

デミアのリリースを止めるために動き出すタケルたち。アカリとおっちゃんはサーバーの位置を特定するため、マコトたちはビルズを見つけてリリースを止めようとイベント会場に向かう。

そんな中、ヒロキのお母さんからヒロキの姿が消えたと連絡を受ける。デミアを利用しているヒロキの症状が次の段階に進み声は聞こえるが体が見えない状態になっていた。同じくデミアを利用している御成の体も消えてしまう。そしてヒロキの魂が肉体から離れていく。このままデミアがリリースされると既に配布済みの5000万人のユーザーの魂が肉体から分離してしまう。高らかに勝利宣言をイゴール。

タケルたちはデミアβ版の被害者を救い、デミアのリリースを止めることができるのか? そして現れるアデルに何が起こるのか?!

東映公式

アデルらの狙いはデミアを使って人間界を眼魔の世界と同じにすること。タケルらはデミアを起動するためのサーバーを破壊しようと行動を開始する。

少年ヒロキの魂が肉体から離れてしまった。タケルはデミアにつながった人たちの記憶の中に侵入。ヒロキらの魂を元に戻すため、ゴーストベートーベン魂に変身。音楽を奏で、人々の大切な記憶を取り戻そうとするが...。

テレ朝公式

アデルとイゴールの企みを阻止するためにタケルたちは奔走する。

TV誌

デミアはすでに大量に配布されており、しかも一度装着したデミアは取り外すことができなかった。

そんな中、装着者のひとり・ヒロキという少年の魂が肉体から抜け出し、デミアを通じてネットの世界へと入り込んでしまう。タケルはヒロキの魂を元の体に戻そうとするが、本人はデミアでつながる人々とともに完璧な世界の一部になると言い、戻るのを拒む。

TV誌

ニセ情報に操られた人々がデミアを求める騒ぎが発生。そんな中、タケルはアデルと繋がり、彼を止めようと試みる。

一方、アデルは自ら作り出したマコトのコピーを差し向け、タケルを消去しようとする。

TV誌

[g-ad]

上記をまとめて予想

大天空寺に訪れた依頼者の息子・ヒロキはデミアのβ版の利用者だったことが判明。イゴールはデミアを利用してこちらの世界を眼魔の世界と同じように肉体と魂を分離させること企んでいた。

デミアのリリースを止めるためにサーバーを破壊しようと行動を開始するタケルたち。アカリとおっちゃんはサーバーの位置を特定するため、マコトたちはビルズを見つけてリリースを止めようとイベント会場に向かう。2

そんな中、ヒロキのお母さんからヒロキの姿が消えたと連絡を受ける。デミアを利用しているヒロキの症状が次の段階に進み声は聞こえるが体が見えない状態になっていた。同じくデミアを利用している御成の体も消えてしまう。そしてヒロキの魂が肉体から離れてネットの世界へと入り込んでしまう。このままデミアがリリースされると既に配布済み の5000万人のユーザーの魂が肉体から分離してしまう。高らかに勝利宣言をイゴール。

7

タケルはデミアにつながった人たちの記憶の中に侵入。ヒロキらの魂を元に戻すため、ゴーストベートーベン魂に変身。音楽を奏で、人々の大切な記憶を取り戻そうとするが本人はデミアでつながる人々とともに完璧な世界の一部になると言い、戻るのを拒む。

タケルはアデルと繋がり、彼を止めることでデミアにつながった人々を助けようと試みる。

しかし、アデルは自ら作り出したマコトのコピーを差し向け、タケルを消去しようとする。

果たしてタケルたちはデミアβ版の被害者を救い、デミアのリリースを止めることができるのか? そして現れるアデルに何が起こるのか?! 事態を見守る謎の少年少女も現れデミアとアデルが最終局面を迎える!

11-15

ここに注目

今回はオリンピック特集のせいで、TV誌の情報が著しく少ないです。

そんな中で一番気になるのはフレアとフレイアの二人。東映の予告にさらっと写真が登場していますが、どのような扱いで登場するのでしょうか。気になります。

フレアとフレイアを知らない方はYou Tubeで公開された『仮面ライダーゴースト 伝説!ライダーの魂!』を見ましょう。

また、音楽が物語のキーワドになりそうですが、フェードアウトした二人の眼魔はそろそろ登場しないのか。こちらも気になります。

-ネタバレ, 仮面ライダーゴースト

Copyright© 仮面ライダー熱烈時代 , 2017 All Rights Reserved.