ドライブ 感想

サプライズフューチャー主題歌「re-ray」感想 エターナル復活?

投稿日:

だいぶ遅れながら、本日「re-ray」のCDが我が家に届きました。

もともとCD-BOXが出たらそっちを買うつもりだったので、シングルCDは買わなくてもいいかと思っていたのですが、「time (acoustic Edit.)」などが収録されているということで急遽購入しました。

20150816_002

感想

映画主題歌の「re-ray」について、作詞された松岡さん自信は以下のように述べていました。

『re-ray』とは反射光線のこと。光源のパワーが強ければ強いほど、そのメッセージは届くんだ、という願いを込めて創りました。

松岡充、炎天下で『仮面ライダードライブ』主題歌熱唱

実際聞いてみると、すごい力強い曲だと思います。

松岡さんの曲は、「W」「code-E」なども力強い曲でしたが、あれとはまた違った芯の強さのようなものを感じます。

映画のED曲ということもあり、しっとり終わりながらも、また明日へ続くといったような力強さを感じました。

eternity (~from SURPRISE-DRIVE)

今回のカップリング曲の「eternity」は「SURPRISE-DRIVE」の歌詞とアレンジを変更したものです。

SURPRISE-DRIVE」では慌ただしい日常が描かれているイメージですが、「eternity」は平和になった後の日常を恋に載せて描いているように思えます。

ミュージック・ビデオでは最後に使われていましたし、ドライブ最終回のEDはこの曲でしょうか。

time (acoustic Edit.)

最近泉さんが亡くなったということで、『4号』を思い出しながら通常版をよく聞いていたのですが、あちらに比べるとずいぶんスッキリした印象になっています。

夏ということもあり、海辺なんかで似合いそうなアレンジとなっています

MMED

ミュージック・ビデオのEDでは今までの「MMED」の歴史が掲載されていたので、どうやらここの「re-ray」で「MMED」の活躍は終わりみたいです。

まだ『ドライブ』としては冬の映画が残っていますが、冬の映画で前年度ライダーの担当者がメインで曲を歌ったのは『ディケイド』だけなので、今年も冬の映画は『ゴースト』からということでしょうか。

スポンサーリンク

エターナル

今回はファンサービスでしょうが、裏側のジャケット写真で松岡さんの乗るバイクのナンバープレートが「風都995 812」となっています。

20150816_004

この風都ナンバーには驚かされました。そして『エターナル』の続編を示唆しているのかとも思いました。

(ちなみにWのハードボイルダーは実用車のため練馬のナンバーです。)

続編のカギは東映

以前、松岡さんは「バトライド・ウォー2」で声の収録をした際に以下のような発言をされていました。

――バロメーターになってるかはわかりませんが、敵役のライダーがスピンオフとしてVシネマに登場したのは初ですからね。

そうですよね。そういった成績をドンドン未来につなげていきたいって、もうちょっとエターナルの活躍を見たいですよね(笑)。Vシネマのスタッフの方からは、GOサインが出たらすぐ撮影できる体勢はあるって、ずっと言ってくれてるんですよね。あとは東映さんだけですね……。

――なるほど。なら、ぜひこの記事を東映の方に読んでもらって進められるといいですね。

実感できる効果が現れて、何かしらの出来事になればいいかなとは思っています(笑)。

――ちなみに、もし続編があったらどうなると思いますか?

大道克己は不死身なので、「ちょっと休憩してたわ」って言ってよみがえるのもアリですかね。スピンオフ作品を通じて、エターナルがただのワルじゃなく本当は心優しい男だいうことが表現できました。

Vシネマでの翔太郎のセリフにも「ひとつ何か違っていたら風都を守る仮面ライダーになっていたかもしれない」というものがありました。エターナルは、Wが守る風都ではなく、次に守らなければならない場所を探すっていうのも……。風都に打撃を与えてしまったことを悔いて、世のため人のために仮面ライダーになるエターナルを見たい気もしますね。

バトライド・ウォー2キャストインタビュー

通年でジャケット制作

また、ミュージック・ビデオのEDに気になる一文がありました。

20150816_001

DVD画質なので少し潰れて見難いかと思うので文字に起こします。気になった一文は「MV・ジャケット制作方針決定」という文字です。

これが「『SURPRISE-DIVE』のMV・ジャケット制作方針決定」ならわかるんですが、『SURPRISE-DIVE』の文字はないんですよ。

「re-ray」初披露時の記事ではMMEDの曲は「SURPRISE-DRIVE」「time」「re-ray」は当初から3部作になる予定があったようなことが書いてあります。

だとしたら、各種ジャケット写真にもなにか意味があるのではないでしょうか。

で、見返してみると「SURPRISE-DRIVE」は特に気になる点は何もありません。ちなみに「SURPRISE-DRIVE」は持ってないんでwebでジャケット写真を確認しました。

time」は4号のイメージなんでしょうが、顔の半分がサイボーグ化しています。

20150816_003

これは、「Wにやられる→なんとか生きてた大道克己→サイボーグ化して復活→風都に戻ってくる」といったように捉えることもできような気もします。

まぁ、ちょっと都合の良すぎる解釈なんですが、僕自信もエターナルは大好きなライダーなんで、また活躍が見たいなとは思います。

東映さん、どうか続編をお願いします。

 

ちなみに995と812の数字ですが、松岡さんのwikiを見て確認したのですが、995はSOPHIAがメジャーデビューした1995年の下3桁。812は松岡さんの誕生日の8月12日を表しているようです。

-ドライブ, 感想

Copyright© 仮面ライダー熱烈時代 , 2017 All Rights Reserved.