Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; Slipfire_Widget_Tabber has a deprecated constructor in /home/ghxp1030/kamen-rider.tokyo/public_html/wp/wp-content/plugins/tabber-tabs-widget/tabber-widget.php on line 13
ライダーレボリューションオリジナルキャストと追加キャラを考察 - 仮面ライダー熱烈時代

ゲーム ライダーレボリューション

ライダーレボリューションオリジナルキャストと追加キャラを考察

投稿日:

昨日『ライダーレボリューション』のPVが公開され、おそらく9割近くのプレイアプルキャラが発表されました。
今回はそんなプレイアプルキャラの声と今後追加プレイアプルになるキャラを考えてみたいと思います。

声に関しては、昨日公開したニコニコ動画を見てもらえばわかりますが、既に『バトライド』『ストームヒーローズ』で収録していた音声はそれらからの流用です。
仮にすべて流用可能であるとすると以下の画像の赤字の部分がオリジナルキャストになります。

また、過去作が代役であったキャラが、変更された場合はオリジナルキャストへ変更の可能性が高いです。
この条件に当てはまるキャラと追録が確認できたキャラは以下の画像で青字で表しています。

ただし、赤字の部分では1号の声がPVの時点で代役になっているなど金銭面、契約面などの関係で代役になる可能性は十分にあります。
なお、藤岡氏に関しては『バトライドウォー創生』で「ライダーダブルキック」の音声を収録していないみたいなので、起用には追録が必要かと思います。
(ガンバの方で収録していないのだろうか?)

よく考えたら今作はタッグじゃないんで「ライダーダブルキック」の音声はなくても大丈夫ですね。

[nicodo]sm29566915[/nicodo]

ライダーレボリューション

追記

「アマゾンアルファ」を演じた谷口賢志さんと「アマゾンオメガ」を演じた藤田富さんが声の収録をしたことを報告しています。

谷口さんはPVの時点では『ストームヒーローズ』の代役キャストが声でした。今後も一部のキャラが差し替わるかもしれません。

プレイアブルキャラ

昨日の発表では「???????」が3枠ありました。これは最低3キャラはプレイアブルキャラがいることになります。
なぜ、最低と書いたのか?
前作『ライダージェネレーション』ではボスキャラが特定のステージクリア後仲間になりました。
これらはゲーム発売まで伏せられており、「シャドームーン」がプレイアプルになったときなどは某掲示板で喜びの声が多く集まっていました。
おそらく本作でも公式発表するプレイアブルキャラ以外に、ボス→クリア後プレイアプルになるキャラがいると思います。

続いてプレイアブルキャラになりそうなキャラを列挙してみます。
(あくまで可能性なので低くて一応掲載)

TVシリーズ

シザース/
サガ/ダークキバ/
斬月/ナックル/デューク/
プロトドライブ/ハート/チェイサーマッハ/マッハチェイサー/ゴルドドライブ
ネクロム/
スナイプ/ゲンム
1st/2nd/V3ホッパー/

劇場版(上列はディエンドコンプリートに必要)

G4/リュウガ/オーガ/グレイブ/歌舞鬼/コーカサス/アーク/
ガオウ/ソーサラー/武神鎧武/3号/ルパン/ダークドライブ/ダークゴースト/エクストリーマ

プレイアブルキャラ予想

ここから私が導いた「???????」3枠ですが、サガ、ナックル、ネクロムです。
シザース・デルタ・サガの3キャラは前作の時点でディエンドの召喚キャラにいました。
デルタがプレイアブルキャラになるのでサガも可能性として十分にあります。(シザースは人気的に・・・)

続いてナックルですが、こちらは敵キャラとして登場させようがないので最初からプレイアプルにせざるを得ないキャラだと思います。
またネクロムは中ボス間もありますが、本編でゴーストやスペクターに倒されて改心したのではなく、味方に裏切られたことにより価値観が変わったキャラなので、中ボスにするより最初から仲間としてプレイアプルにした方がいいと思います。

隠しキャラ

ボス枠からプレイアプルに変更となるキャラは
アナザーアギト/ガオウ/武神鎧武/デューク/ハート/ゴルドドライブ/ゲンムを予想します。
ガオウは前作の時点でライダーながら唯一プレイ不可能だったキャラなので今作でプレイアブル昇格の可能性は高いかなと思います。
武神鎧武とデューク、ハートとゴルドドライブはおそらくどちらかだけの採用になるでしょう。
なお仮面ライダーハートはハート・ロイミュードを倒すことで使えるようになりそうなので、ドライブのボス枠はハートが優勢でしょうか。

またチェイサーマッハ/マッハチェイサーは特定条件での必殺技のみになるのでは予想します。
現状、同一人物が変身する別ライダーはいないので、剛が変身するマッハがいる以上、マッハの演出扱いでの登場が妥当かと思います。

その他のキャラ

1st系はアマゾンズが登場するので可能性はありますが、難しい気がします。
スナイプは『エグゼイド』の3号ライダーなので他シリーズ同様ならこちらも登場の可能性はありますが、開発期間的に難しいと思います。
リュウガのようなカラーリング変更だけの所謂ダークライダー、それらにマイナーチェンジを施したプロトドライブなどはプレイアプルかどうかは置いといて登場の可能性は少し高いです。
前作までも雑魚キャラなどを無理やりな色違いで補っていたので、ドッドゲーとは言え流用が効くキャラは登場する可能性が高まります。
最後にディエンドコンプリートですが、さすがに難しいような気がします。また、ディエンドといえば『バトライドウォー創生』で2度目追録をしておきながら未だに「痛みは一瞬だ」の音声を収録していません。キャラが増えFFRに期待も高まりますが、また未使用になりそうです。

総括

この記事を書くに辺り、上のオリジナルキャストのの早見表を作りましたがほとんどの音声データがバンナムに揃いました。

『ストームヒーローズ』と『ライダーレボリューション』用に収録した人たちは汎用セリフが多いのでしょうが、嬉しい限りです。

『バトライド』シリーズでもサブライダーはそこまでセリフが多くないのでなんとか流用が効くのでしょうか。

『バトライド』も次回作は3号ライダーが期待されているだけに、どんなセリフを収録したのか気になります。

また、発売日が12月1日と発表になりました。予約は9月30日からということなので忘れないようにしましょう。

-ゲーム, ライダーレボリューション

Copyright© 仮面ライダー熱烈時代 , 2017 All Rights Reserved.