エグゼイド スナイプ

仮面ライダースナイプ エピソードZERO 第1話 内容紹介&感想

更新日:

『仮面ライダーエグゼイド』Blu-ray COLLECTIONに収録されている「仮面ライダースナイプ エピソードZERO」を視聴しましたので第1話あらすじ紹介です。

【ストーリー】

誰よりも先に仮面ライダーとして選ばれた男、花家大我。大我は、どうして 仮面ライダースナイプになったのか?なぜ、医師免許をはく奪されたのか?そして、誰も知らない黎斗との因縁とは…。かつて、大我が天 才放射線科医と呼ばれた時代を描くスピンオフドラマ。TVシリーズでは描かれ なかった大我の壮絶な過去が明らかになる!花家大我という男の見方が180度変わる衝撃作。

予告

第1話あらすじ

―現代―

ゲンムと対峙するスナイプ。

バンバンタンクを使用する。

―OP後過去回想―

放射線科医

天才放射線科医の花家大我は患者の診察をしていた。

ガン患者のガン細胞の破壊には成功したものの、患者の身体のデータに異変を感じる大我。

大我は友人である病理医の牧にこの件の調査を願う。

CR

大我が見つけたのは「バグスターウイルス」であり、通常の医療道具だけで「バグスターウイルス」を見つけた大我に興味を持つ黎斗とポッピー。 

大我と牧はCRに連れてこられいろいろな検査をした後、最後にVRにて実際のバグスターと戦えるかの適正判断を行う。

適性検査に見事合格しバグスターウイルスと戦う戦士「スナイプ」となってくれと頼まれる大我であったが、仕事を優先しその願い出を断る。

数日後

患者の容態が大変ということで、ポッピーに連れられてCRにいった大我の目の前には「バンバンシューティング」のガシャットを持った牧がいた。 

慌ててポッピーが止めようとするが、牧には聞こえず、ガシャットを起動させベルトに差し込んでしまった。

倒れ込む牧。声をかける大我。

続く

感想

当初は自分の快楽のためだけに戦う『龍騎』の浅倉のようなキャラとして描かれてい大我でしたが、最近では本編でもだいぶ真意が読み取れるようになってきました。

今回の作品はそんな大我の『エグゼイド』前の前日談。

「花家大我という男の見方が180度変わる」という売り文句ですが、すでに本編での印象が変わってきたのでさすがに180度変わるなんてことはありませんが、この作品をみるとより大我のことが好きになりそうです。

小さな違和感でも見逃さない天才放射線科医として洞察力。患者との接し方。今の大我とは全然違いますね。

小さな違和感に疑念を抱く点や患者のことを考えてスナイプを断るなど大我の「ドクター」として生き方が見えます。

そんなに「ドクター」だった大我が変わってしまった理由は、患者・小姫と友人・牧が大きく関係しているんでしょうね。

小姫はグラファイトに身体を奪われ、牧も本編に登場しない以上おそらく不幸に見舞われるものと思います。

これらの件がどのように関係して医師免許剥奪まで繋がるのか?気になります。

次回は7月12日発売の『仮面ライダーエグゼイド』Blu-ray COLLECTION 2に収録。早く続きがみたいです。

-エグゼイド, スナイプ

Copyright© 仮面ライダー熱烈時代 , 2017 All Rights Reserved.