ゲーム ストームヒーローズ バトライド・ウォー創生

トランセンドヒーローズ終了について!バトライド新作に期待!!

投稿日:

スマホ向けゲームアプリ『仮面ライダー トランセンドヒーローズ』の終了が昨日発表されました。

現在自分はプレイはしていないが、最初の1ヶ月半はかなりやりこんだので、少なからず思い入れのある作品です。

トランセンドヒーローズの歴史

『トランセンドヒーローズ』は『仮面ライダー ストームヒーローズ』とそもそも幕を上げました。

自分がプレイしていたのもこの時期でした。

そしてその年の12月に早速『仮面ライダー ストームヒーローズ 新たなる覚醒』とタイトルを変更しました。

さらに翌年10月に『仮面ライダー トランセンドヒーローズ』とタイトルをリニューアルしました。

タイトルの変更はTV版の放送に合わせての変更だったのでしょうか。

トランセンドヒーローズの役目

勝手な想像ですが『トランセンドヒーローズ』の役目は『バトライド』の補佐だと思っています。(製作会社が同じでモデルやモーションの大部分が流用されています)

『バトライド』は製作期間に時間がかかるソフトだと思います。

しかし開発期間が長引いてもソフト1本では売上が増えるわけではりません。

そこで開発費の回収用に製作されたのがデータを流用して作られた『トランセンドヒーローズ』だと思います。

そして『トランセンドヒーローズ』を開発していたチームは「過去のライダーのHD化及び新規製作」を主にに受け持っていたのかなと思います。

というのもギルス・轟鬼・キックホッパーといったバトライド未登場キャラのモデリングの多くが『クライマックスヒーローズ』のときより綺麗なものに作り直されています。

さらにアナザーアギト、オーガ、キバーラ、なでしこなどの未製作キャラも新規制作の上、登場しました。

そしてこれらの製作が終わった今、『トランセンドヒーローズ』の役目は終わったのかもしれません。

第4の『バトライド』

ファンの間では『バトライド』は大作なので最低2年は開発期間を設けないと良作は作れないというのが定説です。

そして、『トランセンドヒーローズ』が終了する8月31日は『バトライド・ウォー創生』の発表から約2年です。

「創造は破壊からしか生まれない」という渡の言葉のように、この辺りで新作が発表されるのではと思います。

第4の『バトライド』が発売されるとなれば、『トランセンドヒーローズ』は競合作品になります。

さらにゲーム発売後も配信されていたら「スマホの流用だ」と叩かれる可能性もあります。

それらを避けるために終了するのではないかなと思います。

果たして新作の発表はあるのか?9月に注目です。

-ゲーム, ストームヒーローズ, バトライド・ウォー創生

Copyright© 仮面ライダー熱烈時代 , 2017 All Rights Reserved.